歴史ゆかしき

2018/03/02

高校野球、東東京の決勝戦。

f:id:okaji:20150727235130p:plain

無事に母校が勝利して甲子園への切符を手に入れました。
実にめでたい。

高校野球といえば、自分が高校生の頃、夏の大会の時期になると授業が中止になって野球の応援をしに神宮に行くイベントが発生しまして、暑い中、神宮で野球を観ていたのを思い出します。

応援してたら途中で雨が降ってきてずぶ濡れになったり、帰り道に神宮の周りを歩いてたらヤクルトの飯田選手(今はコーチやってるね)が自転車で移動していた所をすれ違ったり、だけど一緒にいた友達は野球をあまり知らないので共有出来ずになんやねんという出来事もあったり、そもそも自分の高校の応援を高校生の時期に体験できたり、今となってはいい思い出ですね。

ちなみに、自分が在学していた時、母校が一度甲子園に出場して、一回戦は三年生が、二回戦は二年生が応援に行くというスケジュールが組まれていまして、東京-甲子園の移動はバスという何とも体力を消耗しそうなスケジューリングだったのですが、残念ながら一回戦で敗退してしまって行けなかったんですよね。

確か、一回戦で敗退したという知らせを三宅島(学校の同級生の実家が三宅島にあった)からの帰りの船で知った覚えもありますね。

そいや、三宅島と言えば、中学2年の時、三宅島から赴任してきた先生がいたんですけど、この先生、高校の同級生(すぐ上で書いた実家が三宅島の人)がその先生に教わってたんだよなぁ。三宅島で知り合った人達と、その先生の話で盛り上がったなぁ、本当、懐かしい。

と、ちょっと話がそれて昔話をしちゃいましたが、なんにしても久々の夏の甲子園への出場。

後輩たちに於かれましては、力一杯頑張って頂きたいものです。

卒業した先輩は東京の空の下から応援することにします。
(さすがに決勝とかまで行ったら甲子園に足を運ぶことを検討するかな)

では。