真鶴岬のすぐ近く、県立真鶴半島自然公園に立ち寄ってみました。
f:id:yummy21:20120220141751j:image:w400

f:id:yummy21:20120220141728j:image:w400
ここは「かながわの美林50選」に指定されていて、見るところすべて巨木といった様子。
f:id:yummy21:20120220141813j:image:w400
樹齢200〜400年と言われるマツやクスノキ、スダジイなどの巨木が生い茂っていて、まるで森林浴をしているような気分になります。
f:id:yummy21:20120220141659j:image:w400
HPによれば、そもそもここ真鶴半島に木々が植えられたのは江戸時代だそうです。小田原藩が15万本の松苗を植林し、それが成長してこんなに立派な森となったのだそうですよ。
f:id:yummy21:20120220141833j:image:w400
森林の中には遊歩道もあるそうですが、今回は残念ながら歩きませんでした。
次回はぜひハイキングしつつ森林浴をしてみたいです。