カナディアンロッキーで泊まった、もう一つのホテル紹介。

 

20年以上前に行った時、あまりの美しさに惚れてしまったところですw

その時は泊まりませんでしたが、次回行く事があれば必ず泊まろうと。。

 

ここもLuxuryTravelさんにお願いして予約しましたが、当初はHISで予約をしてました。

と言うのも予約時(確か3月)の時点では、すでに一杯で予約出来ず。

かろうじてHISは自社で押さえた部屋を持ってたみたいです。

馬鹿高いレートだったが渋々レイクサイドビューを予約。

 

しかし忘れもしない6月29日、フェアモントのサイトを見たら空きがあるではありませんか。

但しレイクサイドビューはジュニアスイートしか空いてませんでしたw

しかし円高の影響もあり、これを予約しても驚くような差は無い事が判明。

またクラブラウンジアクセスも付いて来るので、いい事尽くめではないか。

急いでLuxuuryTravelさんにメールを送り押さえて貰いました。

HISのキャンセル期限が6月30日だったので危ない所でした。。

 

バンフからはバスで1時間程度、ホテルに横付けなので楽でしたね。

フロントでチェックインしようとしたら、ラウンジへ連れて行かれそこでチェックイン。

 

お部屋はクラブラウンジと同じフロアだったけど、延々と廊下を歩いて一番端。

 

 

扉を開けると、独立したリビングだけど。。

 

 

 

 

 

窓の向こうは絶景ですな。

 

 

何も言われなかったけど、これ凄いアップグレードしてくれたと思います。

空いてたからだと思うけど、何と言ってもこのホテルで1部屋しかありませんから。。

自分で予約しても、フェアモントの上級会員でもないのでアップグレードは無かったでしょう。

ましてやHISでは朝ご飯も無かったですから。

 

アメニティはと言うと

Upgrade on arrival to availability

Daily breakfast, for to two in room guests

Souvenir personal portrait session with professional photographer during their stay with picture

Early check-in / late check-out, subject to availability

 

だったけど、どうやら写真の代わりにもっといいアクティビティが有りました。

(それについては後述)

 

 

 

こんなところでブログ書いてみたいわ~

 

ベッドルーム

 

 

 

水回りは至って普通、トイレはリビングと2個所。

 

冷蔵庫はカラ、バンフでワインを買ってくるべきでしたww

 

ここの暖炉は全くのイミテーション、光ってるだけです。。

 

部屋から見たレイクルイーズ

 

正面はビクトリア氷河、もう言葉になりませんよ。

 

結構大きなホテルでしょ。

 

湖畔はいつも凄い人、そのほとんどは大陸のお方達。

そのせいでホテル内も大混雑、午後3時の到着だったけどカフェはどこも満席。

 

ちょっと散歩、湖畔からみたビクトリア氷河

 

バンフと違ってお部屋も広いので、ゆっくり寛げそうですww