85歳 暫く前から 低体温症であることに気づきました。低い時は34.8度 普通は35.5度で

 

何度計っても 長く置いても 体温は高くなりません。 ウォーキング2.000メートルで汗をか

 

いて、わきの下を丁寧に拭いて計っても35.5度しかありません。参考書を買ったら筋肉を

 

増やせば 解決できると書いてありますが、老残の身で そうそう 筋肉はつきません。

 

いろいろ試みて見ましたが、困っていたところ 今日 ニンニクの白色六片の植え付けの 

 

日に追われて 畑の入り口に 他のものを植えたので 管理機が入りにくいので、

 

三本鍬で 8メートルほど耕しました。時間で一時間ほどでした。 夕方なので 汗もかきま

 

せんでした。家に帰ってから 体温を測ったら36度4分ありました。暫く置いてもう一度計っ

 

ても同じでした。足は毎日かなり使っているので ウォーキングしても それほど運動した

 

ことにならず 腕は なれない作業で 筋肉が刺激を受けたものと思われます

 

中国製の小さい花崗岩の石臼で ソバの実を粉にする時 間もなく体が熱くなって

 

一枚 上着を脱ぎたくなります。ウォーキングの時とそっくりですが、 腕の運動は 低体

 

温症に 効果がありそうです。明日もう一度 試して見ますが、一晩を待てない気分で

 

す。 戦後一升瓶て゛米をついた あれも同じように 上半身の運動になりました。

 

日頃の肩こりが すっかり軽くなったように思われます。 血の循環が良くなったせいかもし

 

れません。