柔道とは身体の軸回転を利用し

相手を投げる競技であることはすでにお話しました



相手を自身の軸回転に巻き込むことで

より軽い力で、より大きく運ぶことができます



そのため組手において「肩」の攻防は不可欠

胴体を考えた場合、最も外側にある部分を止められれば

簡単な力でその回転は止められてしまいます

逆に「受け」を考えれば相手の「肩」を制しておくことが

最大の防御ということになります



しかしコンタクトスポーツである限り

つねに理想の動き、理想の組手ができるとは限りません

仮にできたとするならば

「より良い形」をつくることも必要です

そんな場合は「顔」の使い方が大切になってきます

今回はそんな部分を考えてみましょう



雑巾を例に考えてみましょう

雑巾を捻り絞る場合

最も大きく捻られる場所はその一番先の部分

その部分を固定し「捻り」を加えることで

より大きな「動き」が生まれるはずです



更にそこに力をかけるには

ハンドルを大きくする必要が生まれます

ボルトを締める際に使われる「スパナ」

より長い方が力を効率的に使えるでしょう



軸回転を行う場合に話を戻せば

雑巾の一番先に当たる部分

ひとのからだの最も先にある場所を捻る必要がある

それが「顔」「頭」です



首を捻り「顔」を返すことで

より大きく軸回転が行えることになります



また、長いスパナの役割を担うのが

胴体で最も横に広がった場所

「肩」ということになりますよね



柔道では咄嗟な状況で無い限りは

相手の頭を制することはできません

ゆえに頭に「より近い」場所であり

軸の中心から最も遠い場所ということで

組み合う場合は「肩」の使い方が重要になるのですが

とはいえ「顔」「頭」は常に意識しなければなりません



「攻め」の状況においては

いくら肩が自由になったとしても

顔を返らなければ軸回転は行えません



相手から制されることがなくても

自分の意志で顔を動かさなければ回転などないはずです



また技を打つ前から顔が返り過ぎておれば

それは腰が幾分か

すでに回転してしまっている状況を表します



その体勢からでは回転できる腰の余裕は少なくなり

結果的に相手をまわしきれない状況に陥ります



ゆえに組み合った際は

いくら肩が自由になっていたとしても

顔を技を打つ方向へ向けることなく

腰が回転するだけの余裕をもたせた確保したうえで

技を打つ際は顔を返し

腰を大きく捻ることが必要ということになります



次に「受け」の場合

先に述べた通り直接顔ふ触れることはできません

ゆえに相手の顔の動きをとめるには

肩を制することが絶対条件となります



しかし「顔」に触れることが

できない状況は相手も同じこと

自身の顔は例え「受け」であっても使うことができるものです



まだ組み合う前であっても

肩を制することができない状況であっても

例え相手の肩を制した場合であっても

相手の軸回転を意識した顔の位置でなければなりません



受けの場合は相手の軸回転とは逆方向に

ブレーキをかけることが重要であり

そのためには自身の軸回転を利用しなければなりません

軸回転と軸回転の「拮抗」が組み合うという行為です



ならば顔は相手の軸回転とは逆方向であるべきでしょう

相手が技をうつ回転を止めるため

自身の捻りをブレーキとできるはずです



このように攻めの場合、受けの場合と

有効的な顔の向きはそれぞれ異なります

相手によっても違いますし

その状況によっても変化することでしょう



しかし・・そんな対応できませんよね

ひょっとすると喧嘩四つ、相四つで

顔の向きに「矛盾」が生まれる可能性もある



なにより顔を返して組み合っておれば

相手を正面で確認することができない

相手の動きが把握できません



ですから顔は相手に対して

常に「真っ直ぐ」向けておく必要があるということです



受けにも対応、攻めにも対応

相四つにも対応、喧嘩四つにも対応

相手の軸回転へのブレーキにも対応

自身の軸回転のアクセルにも対応



それには顔は返り過ぎず、残りすぎず

常に左右どちらにも動ける状況で

かつ、相手を正面で確認できる状態が

必要ということになるでしょう



その部分から攻める場合も受ける場合も

顔を切って身体の捻りを有効的に使うという

認識が必要と思います



常に正面に顔を向け相手の動きを把握しつつも

相手の動きに応じ顔を切りブレーキ

時には自身の回転する腰の余裕をもたせるために顔を残し

そして技を打つ際は

その捻りの源とせんがため大きく顔を返す



例え自身の肩が制されていても

例え相手の肩を制せていなくても

顔の向きである程度のブレーキをかけることは可能



仮に自身の肩が自由であっても

仮に相手の肩を制していたとしても

顔の向きでその軸回転をより効率的にすることは可能


正面を向くことを基本とし対応することで

つねに顔を利用できる状況をつくることが必要でしょう



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



くだらない内容ですが

長々と読んでいただきありがとうございました



ここに記したものは

「わたしの勝手な考え」であり

当然すべて「正解」とは思いません



このブログはそんな「考え」を

皆さんに押し付けるものではありません



しかし私が思う「柔道」とは

ただただ息を乱し、漠然と汗を流すだけものではなく

ひとつひとつその内容を理解し

ひとつひとつ理屈に当てはめ創造していくもの



そこに柔道の本来の楽しみ方があり

そこに情動上達への近道が隠されていると思います



このブログの内容を批判されることも「良し」

どこか同調出来る部分がなれば「なお良し」

なによりこんな「考え」でも個々の台の上に乗せ

自身の柔道を振り返るきっかけとなればそれで「本望」です



ここに記したものは先人の教えが

いかに理にかなっているのかの実証であり

基本がいかに大事であるかの証明です



日本柔道が苦境に立たされている今だからこそ

基本に立ち返り「Judo」ではなく

「柔道」の道を歩むべきと思います



批判でもかまいません

酒の席でも、稽古の帰りにでも

フェイスブックでも、ツイッターででも

柔道の基本を議論する「きっかけ」にしていただければ

「考えること」「掘り下げること」の輪を

広めることができると考えます



そこに「答え」などないかもしれません

しかし知恵を絞り、創造すること、語り合うことが

「それぞれの柔道」の基礎となってくれるはず

柔道の楽しみがそこに広がります



そしてその輪が広がれば

「日本柔道」の基板になり得るものと思います

日本柔道は今こそ「基本」に立ち返るべきです



くだらないブログですが

様々な方々、それぞれの場所で

柔道を考える「きっかけ」となれば幸いです



肩の荷をおろして